ペアーズで100人以上とマッチングした私が教える要注意人物

watch-out-people

ペアーズを初めて数年、様々な年代の方・職種の方にお会いしてきました。

その数述べ100人前後。その中でお付き合いしたい方も何人かいましたし、今もなお良い友人関係を築けている方もいます。

社会に出てみると思っていた以上に出会いはく、悩んでる方大勢いらっしゃいますよね?

でも今流行のマッチングサイトは抵抗がある……。

そんなみなさん!それは誤解です。

マッチングサイトもうまく使っていければ素敵な方に出会えます。みすみすこのチャンスを逃す手はありません。もったいない!

直接顔の見えない相手と連絡を取り合うということも事実。

でも不安にならなくて大丈夫です。

きちんとこちらが見極めれば危険なことは全然ありません。

今回100人以上とマッチングした私が、お教えするポイントをチェックし、安心してペアーズで素敵なパートナーを見つけましょう!

まずはプロフィール写真に注目してみましょう

さて、まず大事なポイントはプロフィール写真です。

ペアーズ含め、マッチングサイトのメイン画面はプロフィール写真で埋め尽くされています。

その中でもペアーズは、私にどんな人がおすすめか、同じ趣味やライフスタイルの人を提示してくれるので、すごく使いやすいです。

お勧めされた人たちの中からどんな人を選ぶのかは、すごく重要なことですよね。

筆者の場合、明らかに一般人ではなさそうな人は却下します。

芸能人並みの顔の綺麗さ、何かの写真集かのようなアングル、ホストかと突っ込みたくなるような髪型。

これらの写真を載せている方はサクラの可能性大なので要注意!実際私の友人はほかのサイトに誘導されそうになりました。

楽しく会話していたのに急にそんなことをされたらショックですし、時間を返せと言いたくなりますよね。

そんなことにならないために、まずはそのような人は選ばないようにしましょう。

Facebookの友達の数に注意!

次に注目したいポイントがFaceBookの友達の数です。

その数が~10人になっている人は要注意。

Facebookの友達10人は、ペアーズの最低登録可能人数です。

つまりこの人はサクラの可能性大ですし、以前何か問題を起こし通報された人が、違うアカウントを作ってサイトに登録した可能性もあります。

実際にそのような方に出会ったことはありませんが、Facebookの友達の数がそこまで少ないというのは怪しむべきポイント。

もし怪しい人ではなかったとしても、ネット社会でなにかしら繋がりがもててしまうこの時代に友人が10人未満というのは「コミュニケーションをきちんととれる人なのだろうか……」と不安の種になることでしょう。やめておいた方が得策です。

以上、最低でもこの2つのポイントはチェックすることをおすすめします。

筆者も長くペアーズにお世話になっていますが、この2点をチェックしてきたことで変な人に出会ったことはありません。

みなさんもペアーズで、安心して一緒に「幸せ」を共有できるパートナーを見つけましょう。

pairs